c0105762_13344783.jpg
YOU'RE THE INSPIRATION:THE MUSIC OF DAVID FOSTER & FRIENDS / David Foster


大好きなDavid FosterのYOU'RE THE INSPIRATION:THE MUSIC OF DAVID FOSTER & FRIENDS(邦題:君こそすべて~デイヴィッド・フォスター&フレンズ ライヴ)を購入した。
David Fosterの作り出す音楽にはいつも心惹かれてきたし、それは今も変わらない。

このアルバムはCDとDVDが一緒になってるお得なライブ盤なんだけれど、最近まで存在知らなかった。デビ・フォス ファン失格ですね、、、(笑)

Amazonの商品説明を引用すると...
デイヴィッド・フォスターとスーパースター達が競演する夢の一夜をあなたに・・・
彼の40年のキャリアを総括する豪華CD/DVDの永久保存版です!

デイヴィッド・フォスターが手がけた大ヒット曲の数々を完全収録!!
豪華、超一流アーティストが参加!!

<日本盤のみ、JALオリジナルソング「アイ・ウィル・ビー・ゼア・ウィズ・ユー(インストゥルメンタル)」をボーナス・トラックとして、収録>


5/23にラス・ベガスで行われたデイヴィッド・フォスターへのトリビュート・コンサートを収録したCD/DVD。アンドレア・ボッチェリ、ジョシュ・グローバン、マイケル・ブーブレ、ホイットニー・ヒューストン、ケニー・G,セリーヌ・ディオン、バーバラ・ストライサンドなどのスーパースターが出演。

数々のアーティストに作品を提供し大ヒットを飛ばし続けている一人のアーティスト…それがスーパー・プロデューサー"David Foster"である。Davidのプロデュースによって、スターの座を確立したアーティストは数知れず…そして常に大ヒット曲を提供してきた。セリーヌ・ディオン、ホイットニー・ヒューストン、アース・ウィンド&ファイア、シカゴ、ナタリー・コール(ナット・キング・コール)、ピーター・セテラ、チャカ・カーン、ヴァネッサ・ウィリアムス、トニ・ブラクストン、ブランディ、オリビア・ニュートン・ジョン、アン・ヴォーグ、イン・シンク…etc. 本当に豪華な顔ぶれである。


スーパースターばかりが登場して見ててもワクワクし続けられます。
バックにはオーケストラに加えてドラムがJohn JR RobinsonにベースがNathan East、ギターがDean Parksと豪華なリズムセクション、、
付属のブックレットには残念ながら参加アーティストは記載あるけれどミュージシャンは省かれちゃってる。まぁ、これだけのアーティストが参加じゃ無理もないか。確認出来るのは最後に出てくるロールバックの時。

それにしてもね、サポートのミュージシャンは上手い。
名前見りゃ納得と言えば納得だけれど、コンサートを支えてるっていう感じですよね。
本当に素晴らしい。


さて、肝心の内容ですが、、大好きな曲が沢山あって、、、どれも素晴らしパフォーマンス。
もちろん知らなかった若いアーティストも何人も出てくるのだけれど、皆最高に上手いし、魅力的なアーティストばかり。
中でもHomeと言う曲を歌うMichael BubleとBlake Sheltonは印象的だし、弱冠16歳のフィリピン女性(まだティーンだ)のChariceの歌唱力にはビックリ。Whitney Houstonのあの曲をバッチリ歌い上げてるのに感動です。
そして、Boz ScaggsにPeter Ceteraです。
Bozはもう文句はありません。
たとえギターにプラグが刺さっていなくたって、メチャクチャカッコいい。(曲毎にちゃんとギター持ち替えてるし)
実は映画を観ない為、好きだった曲が映画のサントラだとは知らなかったのですが、Love Look What You've Doneはジョン・トラボルタ主演の映画の挿入曲だったのですね。ひとつ勉強になったです。
そして、Peterさん、、ちょっと怪しいキャラですけれど、、(昔からなの?
歌上手いし良い曲書いてるよね。


デビ・フォスのかかわってきた音楽って凄い数。思いつくアルバムだけでもどんどん頭の中に沸いてくる、、本当に凄い数だ。

このライブ盤はロックアルバムではないのですが、歌伴、オーケストラと一緒の現場での演奏ってことだけで見たってジョン・ロビのプレイは大いに参考になるはず。
ジョン・ロビのヤマハもメチャクチャいい音してるし。
一度hi-fiなシステムで観たいものです。だれかシステム持っているお宅にお邪魔させて下さい。(だってテレビもDVDプレイヤーも持ってないんだもん)
[PR]


これは観たい!! ちょっと値が張るから(え?  もうちょっとしてから(爆)
お買い物リストのメモだね(笑)

コペンハーゲンのライブも観てはみたいけれど一緒に収められているSeventh Avenue Southのライブは大昔に宮地先生お借りして観た事があるのですが、Omar HakimがWeather Report入る以前のライブで当然若造なんだけれど信じられない演奏していた記憶が。Omarのプレイはそのビデオが始めたの体験だったけれどスゲェやつだなと思いましたよ。
こりゃ、是非とも買って見直さないといけない!!
早くお小遣い日来ないかな〜〜〜(x_x)☆\(^^)

注:Seventh Avenue SouthのオーナーはBrecker Brothersだったんだよ。
[PR]
ザ・ジャズ・ドラム / 猪俣 猛

時間が無くて一気に見ることが出来なかった猪俣先生のDVDですが、この度無事に最後まで見ることが出来ました。
内容は初心者にとっても僕らにとっても刺激のあるDVDです。
演奏もしかり、しゃべりでも猪俣節が炸裂しており、非常に面白いですね。
基本的なリズムの話はもちろんわかりやすくてビギナーにもお勧め!!
ワイヤーブラシ関連の事もバッチリあります。最近にわかに生徒さんたちから質問の多いワイヤーブラシですから、ぜひそんな皆にも観てほしいです。ワイヤーブラシとスティックの持ち替えのシーンの絵もバッチリとあるし勉強になります。
そして、一番最後に収められている先生のドラムソロ。これはハッキリ言いまして必見でございます。
[PR]
既にご存知の方も多いかも知れませんし、既にご覧になっていらっしゃる方もいらっしゃるかも知れませんね。
リットーミュージックから我らが猪俣猛先生がDVDをリリースしました。
c0105762_1237053.gif
The Jazz Drums / 猪俣猛

以下リットーミュージックさんからコピペ。


55年を越える音楽人生の集大成。日本ジャズ界の御大が贈る、ドラマー必携の一本。

日本ジャズ界の御大、猪俣猛。ジャズの黎明期から活動を開始し、その音楽人生は55年を越える。本作は、そんな猪俣猛がドラムを通し音楽と触れ合うことで集成した、ジャズ・ドラムにおける極意を集約しました。スティックの握り方、シンバル・レガートの方法はもとより、誰にでもわかるドラム・ソロ構築法、また、講師が不足しあまり触れられることのないブラシの使用法まで、ジャズに必要不可欠なテクニックを徹底的に伝授します。さらには、歌心のあるドラムを身につけるための効果的練習法や、ドラムを叩く上での心得など、猪俣猛独自の音楽論も展開。ドラムのテクニックのみならず、音楽に対する価値観の向上も約束します。


貴重且つ永久保存版の1枚ですね。
なにしろワイヤーブラシの名手の猪俣先生のブラシ・テクニックを学べるのがそーとーにポイントが高いでありますよ。
このDVDは楽器店、RCC、RCC講師を通してもお買い求めできます!

と言うか買わないと損ですよ、損!!!!!絶対に勉強になりますっ!!!!!!
[PR]
♪No Music, No Life♪さんのポストで知りましたがJohn MayerのContinuumの映像入りスペシャル・エディションが出るようですね。
情報では現時点でアメリカ盤のみみたいだけれど...ファンは必見だね。

さて、そんなJohnファンな方は既にチェックしているとは思いますが、ご本人のブログにGravityのムービーのリンクが貼り付けてありました。
c0105762_1237629.jpg

こちら

ドラムはもちろんSteve Jordanです。
凄く似ているんだけれど、違うドラマーみたいです!!
お友達の指摘がなければ分からなかった〜(だめ)


John Mayerライブ映像
[PR]
c0105762_11243579.jpg昨日RCC横川先生に“The Drum Pad's 20th Anniversary Show”と言う映像をちらっとだけ見せて頂いたのですが、スターリングが凄い!!“~ Terry Bozzio (Zappa);Chad Wackerman (Zappa); Jimmy Chamberlin (The Smashing Pumpkins); Mike Portnoy (Dream Theater); Jeff Hamilton (Sinatra); Steve Smith (Journey); Mike Mangini (World s Fastest Drummer); and Zakir Hussain”と、まぁ〜こんな感じなのですがTerry BozzioさんとChad Wackermanのお二人さんは相変わらずのパフォーマンスで(全部は観なかったけど)ドラムマニアとしてなら2人のドラムセットの山を見ただけでも喜んじゃうだろうね(笑)
しかしクボとしては、Jeff Hamilton(リンク先はご存知Drummerworld内の彼の紹介ページ)のパフォーマンスが多いに驚きを感じましたです。
18インチくらいの3点セットで見事に歌っているドラムソロをプレイしております。drummerworld内のページでも彼のプレイが見れるのでぜひ見て頂戴!!
うーん、あんな表現力があったらね...要らないよタム数十個なんて!!いやいや、それは言い過ぎなんですけれどね。TerryとJeffじゃ表現する上でのアプローチが違うだけですから比較しちゃいけないのですが、クボ的にはやはりJeff Hamilton的な方向って凄く良いなぁと思っちゃうのですね。とにかく、このDVD欲しいな。それから今まで素通りして来たJeff Hamiltonに注目してゆかなくちゃ!
[PR]