タグ:ツール ( 32 ) タグの人気記事

c0105762_19233082.jpg
うふふふ、、買っちゃいました。
と言うか、ようやく気に入った音色の一枚を見つけたといった方が正しいかな。ずっとセッションライド探していたのですから。
相当迷ったのですがSteve GaddシグネチャーのSession Rideと言うシリーズの18インチを買いました。その他にもすごくいい感じの同じくK ZildjanのCrash Rideもあって迷いましたけど、、悩んだ果てのSession Rideでした。とにかく倍音の整った感じが素晴らしくて、小さいタッチでの演奏でもキチンと使えそうだし、買わないと今度はいつ良いシンバルに巡り合えるかどうか分からないので、思い切って買ってしまったのだ。
とにもかくにも、来週のセッションでデビューさせるので叩くのが楽しみです。

ウェッブサイトとブログですが、、近いうちには正式にお引っ越しします。
でも、このブログはちょこちょこと更新はするつもり。
今度のブログは携帯からのポストは今のところ出来ないし、書き続けてきたエキサイトのブログも僕の中では大切な存在なので。

新しいウェッブサイトはまだ構築中ですが良かったら遊びに来て下さいね。
既にいらしていた方々には申し訳ありませんがURLが微妙に変わっちゃいましたので、、ブックマークし直して下さいね。お手数おかけします。
Groovin' Groovin'
サイト内のdrum maniacが新しいブログです。
どーぞご贔屓に。
[PR]
スネア用の四角いハードケースが欲しいのだけれど、、最近四角いケースって少ないのかな?
以前から気になってるHARDCASEと言うブランドのケースにスネアとペダルを一緒に収納出来るタイプがあるけれど、、日本でも扱ってるだろうか?
Free Floating Snare Kit
c0105762_139859.jpg


後は実物を一度見て気になってたGATEWAYのオリジナルのスネア&ペダルケース。
スネア&アンダープレート付フットペダル用ケース
c0105762_1391661.jpg



最近は車でなくて電車での移動が多いのですが、ライブの時など荷物の多い時には楽器をキャリアーにまとめて運んでいるのです。
丸いソフトケースやハードケースだと荷物をスタックし難いので四角いケースが欲しいのです。
スネアとペダルを一緒にひとつのケースに収められたら便利だと思うし。。
またケースが増えちゃうし、、困ったものだけれど、、
どなたかお勧めの四角いタイプのケースご存知でしたらぜひ情報をお寄せ下さい。
[PR]
c0105762_10554116.jpg
昨日は普段使ってるSONYのヘッドフォンを忘れてしまい、バッグに入れておいたSHUREのヘッドフォンを使ってました。
久し振りに音楽聴く目的にSHUREを使ったけれど、やはり音はSONYよりも好き。
SHUREのケーブルの取り回しがちょっと悪いのと断線が怖いし、もう何年も使ってるので丁重に扱わないといけないと言う思いもあり普段はSONYなんですね。
でも、やっぱり音の質とかはSHUREが好みなんだなぁ。
SHUREは遮音性能が良いので、主にはクリック聴いたりライブやリハーサルでのモニター用に使用してますけど、、、日常でももう少し使おうかなって思ってしまった。
電車に乗っている時に使っていても音粒がクリアなので音像もクッキリだし。
そう言えば、チョット前にクリックやモニター用にSHUREのイヤモニがドラムショップに売っていたけれど、まだ売ってるかな? バンド用には別のを使いたいな。

c0105762_11411442.jpg
で、話しは変って僕のMySpaceに使用させてもらってるスキン(ページのデザイン)ですが、、いかにもドラマーらしくて良いですし、色もさわやか系で気にってますがねー、、なんでスネアちゃんとスタンドに乗せないんだよーー。いかんですよねーー。ってこのスキン使ってる僕がわかっていない人だと思われそうじゃん。
[PR]
c0105762_12392940.jpg
スティックは相変わらずVic Firth American Classic 5Aを使い続けているのですが、猪俣先生モデルを使う場面も多くなってきました。
先生のスティックは5Aと比べると少し短めで細目になってるのとバランスが軽いので僕の手の大きさ的には本当はジャスト・フィットなんです。別に5Aが合っていないとかと言う意味じゃなくてですが、、、
最近、デリケートな音量の現場も多いし、Hip Gigでプレイする時にも小さい音で歌伴をする時には先生のモデルだと非常に使い勝手が良いんです。
それに、改めて綺麗な音がするスティックだと再確認してしまったので、スティックバッグの中には5A+猪俣モデルを常に一緒に入れて持ち歩いてます。
まだ、試した事がない方を含めてジャズをプレイされる方にはぜひ一度試して欲しいモデルです。
[PR]
昨夜は今年最初のR.i.C.k.のリハーサルでした。
来週土曜日にR.i.C.k.のライブがARTICAでありますので、それに向けての1回目のリハーサルです。
何となくメンバーが揃うのは久し振りのような感じで、新鮮。
とは言え、昨年末にもやってる訳だし久し振りじゃないはずなんだけどね。
今回もベースには沢口欣也氏(以下キンちゃん)を迎えてベースのあるフォーマットで演奏します。
キンちゃんはアイディア豊富なのとヘッドアレンジ力があるのでリハで面白い方向に転んだりして行くし、参加してもらえるのは非常に有り難い。Cajon的にもベースが有る無いでアプローチが変わるし、よりグルーブを気にしていられるので楽しいのだ。

c0105762_14523815.jpg
さて、ここ数回で形が決ってきた小物のセットアップ。
ウィンド・チャイムを吊るしているシンバルスタンドにブームとアタッチメントを屈指してタンバリンとエフェクトシンバルをセット。
写真取っておかないと直ぐセッティング忘れちゃうので、、、大ボケ防止に。

とにもかくにもライブが待ち遠しいなぁ。
楽しいライブにするので1月24日はARTICAに集合ですよ〜。

そして、30日は同じくARTICAで高橋誠さんのライブもありますので宜しく!!

ついでに、2月3日はThe 49ersのライブも。こちらは銀座TACTです。詳細はまた追ってアップします(* ̄∇ ̄*)v
[PR]
宇都宮カボチャ亭での風祭東さんのライブより帰ってきました。

オープニングアクトを努めたのは宇都宮在住のミュージシャンのThat's Lifeさんの皆さま。
以前からIZZYさんを通して交流のある方々なので、そのステージでの演奏に加わらせて頂きました。
c0105762_1801143.jpg
That's Lifeさんの時にはHip Gigでプレイしました。
今回の失敗は、ベードラのマフリングを多目にしすぎた事。ハコのサイズに応じてミュートは加減した方が良いですね。もっとドーンと鳴らした方が良かったなー。
まさに僕が聴いて育っていたばかりの選曲で、リハも殆ど無しでしたがかなり楽しんで演奏させて頂きましたです。
Thanks ! That's Life

c0105762_1802199.jpg

東さんのセットではアンコール以外はCajonとパーカッションを。
新たにタンバリンをスタンドにセットする事にして臨みましたが、どうしてで今までやらなかったのだろうか?と思っちゃうくらい便利(笑)
スタンドは使っていないスタンドケース漁っていたら色々便利なアタッチメントが出てきたので使いました。少ないスタンドで色々セット出来るのは見た目にも面白くて楽しいですね。
以前のポストで取り上げた足に捲いて使う鈴もなかなかグッドで、Cajon叩きながらバックビートでならしたり、色々出来て彩りを加える事が出来てプレイしていて面白かったです。
後はちょっとシェイカーを上手く振れるようになりたいなーなんて思っています。
[PR]
by borcaro | 2008-12-22 18:02 | ライブ

c0105762_11431947.jpg今夜はARTICAで高橋誠さんのライブです。一緒にやる今年最後のステージなのでしっかりと、そして楽しんでやって来ようと思ってます。

さて、先日のR.i.C.k.のライブから足に鈴を付けてプレイ始めましたが、前回使った鈴の鳴りがイマイチでお気に召さなかったクボでしたが、、、先日ミュージック・ワダでまた新しいタイプが入荷したのを早速、東さんのリハでテストしてみました。
今度のは丁度良い鳴りで音色も良いです。
パーカッションの小物ってある意味ヤバイですね。
今まで全く自分で買う事なんて無かったのですが、Cajonプレイするようになってからと言うものちょこちょこと買い足してるし。
何と言っても小物はドラム買うよりも全然安いので、、、色々試したくなるんですよ。
今夜は使いませんが、タンバリンホルダーも手に入れたし、日曜日の東さんのライブでは早速活用する予定です。

さ、この鈴着けて今夜のプレイ、どんな彩りを加える事が出来るだろ?
誠さんのセット、ある意味毎回チャレンジなので非常に楽しみです。
[PR]
c0105762_1519758.jpgドラムマガジン買いました。
凄い表紙です!(笑) スリッパ持った? じゃない、スリップ・ノットのドラマー、ジョーイが表紙を飾ってますが、お目当てはアール・パーマーの記事と猪俣猛先生の特集記事。

アール・パーマー氏に関しては知らない事ばかり、しかし、今日のドラミングを確立した人物として功績は非常に大きい。
生前のインタビューの部分も面白いし、興味あったら(いや、絶対)読むべし。(だね)
とにかく、もう少し、掘り下げて音楽を聴きたくなってきたね。


そして、我らが猪俣猛先生!!
「人と楽器」と言う名物コーナーにて先生の使ってきたドラムが一挙紹介されています。そして先生のインタビューも。
先生の使われてきた楽器の多くは今まで生徒時代〜現在までで目の前にしてきたし実際叩かせて頂いたチャンスもあった。これってやっぱりラッキーだよなぁ。
随分と昔の事だけれど、僕がまだ10代の頃で研修会で静岡のヤマハの施設で“つま恋”(今でもあるのか?)に行った時に先生のYD-9000もレッスンで使ったのをすごく良く覚えてる。
結構ハイピッチになっててメチャメチャ音抜けが良くて、研修中でレッスンでしごかれているにもかかわらず音に惹かれたんだよね。叩くのがとても楽しかったんだけれど、僕が叩いてる時に猪俣先生がレッスン見にやって来て耳元で『どーだ!コイツメチャメチャ抜けるだろ!!』(先生の仰ったフレーズ正確に覚えてないけれど)って嬉しそうな顔して行ってたのが印象的でした。
インタビュー読んで分かったのは、やっぱり9000は先生にとって特別な楽器だったんだなぁ。。って言うことでした。


さて、話しは変ってヤマハのドラム・プロダクトの事を。
実は人から聞いてガッカリしていた事がありました。
僕は最近はめっきり使わなくなってしまっていたのですが、、ヤマハのスーパー・ラック・システムがカタログから消えててもう製造していないって言う話です。(ちゃんと確認はしていない)
実はスーパー・ラック・システムの発表会イベントを見に行ってるんです。
当時はかなり画期的な商品だったと思ったし、そのイベントの為だけにSteve Gaddが来日しててラックシステムを使ったセットでドラム・ソロをプレイしたんだよね。
あの時のGaddも凄かったな。控室でウォーミングアップしていた様でGaddはミッキー・マウスのTシャツ着ていたのだけれど脇の下が汗で濡れているのがハッキリ見えてた。
そしていつものようにCrazy Armyから始めて....
c0105762_151922100.jpg

いやいや、話が横道にそれてしまった。
で、気になるラックシステムですが、、現在はヤマハのサイトからデザインと言うページがリンクされててSynapses(シナプス)と言うサイトが出来てる。
ここにスーパー・ラック・システムのニュー・ヴァージョンとも言えるHEXRACKと言うラック・システムが紹介されてる。
ジルベルタルみたいに曲線美なバーなんですが、ヤマハらしい工夫が随所にちりばめられてて各パーツも結構デザイン頑張ってる印象です。
ちょっと使って見たい気もする。。。が。。。ハハハ、今のところラック無しのシンプルなセッティングを気に召しているので今のところラックシステムは、、、(気になるけれど)
[PR]
c0105762_1523664.jpgいつも持ち歩いているREAL FEELのパッド用にスタンドを買いました。
僕のパッドにはスタンド取り付ける仕様になっていないやつなのでいつもテーブルとかに置いて使ってました。
出先で丁度良い高さのテーブルや置き場所がない事も多く、スタンド欲しいなと思っていてミュージック・ワダで聞いたらTAMAのスタンドがめちゃお手頃だったので購入しました。

c0105762_1458502.jpgこのスタンドは手軽に持ち歩ける用のサイズの練習パッドであればいろんなのに対応出来るし、ステージやリハーサルで愛用のCLICK STATION(YAMAHAのメトロノーム)をセットするのにも使えるのでグッドです。
CLICK STATIONはハイ・ハットスタンド等に取り付ける為のアタッチメント出てるんですが、これで代用出来ちゃうので使い回す事にします!!

ちょっと良いお買い物しました。
[PR]
SAFE'N SOUND EAR PLUGS

c0105762_13563051.jpg春に手に入れたVATERのイヤープラグですが、、レビュー書くと言ってそのままでした。。
としさんにコメント頂いたので簡単に感想等。

まず音ですが、良い感じで軽減されます。
音質もイヤーウィスパー等と比べたら悪くない。
リハーサル中やレッスン中のマイクを通していない他の人の声もまぁまぁ聴きやすい。(遮音性高すぎるといちいち耳から抜かないと会話出来ないし)
左右のプラグを繋ぐケーブルが付いているので使っていない時は首から下げておけるのが良い。

狭いスタジオや、大音量バンド、ドラムセットでの個人練習にはとても便利に使ってます。
やっぱり使う使わないで耳へのダメージって大きいと感じてるし、音による疲れも軽減されているような気がします。

個人的には左右のプラグを繋ぐワイヤーがビニールの物ではない方が良いと思うけど。汗で首に貼付き時々不快なので。。これは自分でヒモに工夫して交換と言うのもありかな。

とにもかくにも、今まで使ってきたイヤープラグの中ではベストだと感じてます。
[PR]