<   2008年 06月 ( 11 )   > この月の画像一覧

c0105762_1902127.jpg

アミ本厚木の生徒さんの石井涼子ちゃんがグループ展を行うそうです。

時: 2008年8月12日(火)〜17日(日)
時間: 12:00~20:00(最終日のみ18:00まで)
場所: 新宿眼科画廊

ぜひお出掛けくださいね〜
[PR]
研修会の申込が来週の火曜日、7月1日、15時から電話にて受付開始です!!
参加希望の皆さま、抜かりなく〜〜〜。

[PR]
c0105762_11511449.jpg
今月はTropues、高橋誠さん、R.i.C.kとライブをやりました。
ライブはどれも精一杯プレイしてますが、どんなに楽しくその時を楽しく過せたとしても顧みると沢山の反省点があるものです。
Troupesのライブの映像をギターのおさむ氏から頂き見てみましたが、、、。ライブハウスに合わせてヴォリューム抑えた演奏はこのバンドにとっては初めての事で大変なチャレンジだったような気がします。
映像で見るとこれまた自分のイケて無い部分が沢山見えてきて辛い、、、。
でも、全体的にはとても雰囲気良いとは思うけれど。
Troupesはこれからどしどしライブを重ねて成長して行くバンドなはず。

そして、誠さん、R.i.C.kではCajon。
この楽器、やればやるほど面白くなってきてる。
十分にCajonに練習に時間を割く事が出来てる訳ではないのですが、リハや本番で結構面白いパターンが見つかったり(本番で?)、自分が偶然たたいたフレーズにインスパイヤされたり、、、Cajonはなかなか面白い。

誠さんのライブではいつもよりも積極的にって言うのがテーマでした。絶対消極的にならないプレイを心掛けた。
誠さんのギター1本とCajonだけって何だかすごい、、我ながら、今更ながら、、そう思ったり。

R.i.C.k。
いやぁ、面白かった。
イチローちゃんの選曲も鋭いし、Reebow、イチローちゃんのヴォーカル最高。
イチローちゃんも小鉄ちゃんもいいギター弾いてました。
楽しかったね、本当に。
次回のR.i.C.kは今のところまだ調整中ですが、非常に次が楽しみだったり。

ライブに足を運んで頂いた皆さま、、本当にありがとうございました。
来月は7月19日、Troupesが代々木ブーガルを控えてます。
久々のフルスペックヴァージョンです。
超・お楽しみにっ!!
[PR]
by borcaro | 2008-06-28 11:52 | ライブ
c0105762_1143117.jpg

ここ2週間位使用してますが、今まで試したイヤープラグの中では一番良いかな?
程よく遮音してくれているし、外した時には紐で首から下げておけるし。
なかなか使えますよ。
[PR]
先のポストで来週のライブをご紹介しましたが、、、

明日は同じくARTICA高橋誠さんのライブです。
ARTICAでのライブは毎度、クボがCajonでお邪魔しておりますが、このライブ本当に楽しい。
私自身が誠さんのファンなので思い入れも沢山あるし、いつも何か新しいものを感じさせていただいています。

いつものように18時オープン、19時30分スタートとなっていますのでぜひ皆さまお越しください。

では明日、ARTICAでお待ちしております(* ̄∇ ̄*)v

Water bar ARTICA
http://www.waterbar.jp/
http://www.waterbar.jp/
住所:東京都渋谷区代々木1-41-3 2F
TEL:03-3320-3217
山手線  代々木駅(西口)徒歩3分
小田急線 南新宿駅 徒歩2分
Googleマップで表示
[PR]
c0105762_16172623.gif
画像クリックでフライヤーのダウンロード出来ます。


先月、ARTICAでデビューしましたR.i.C.kのセカンド・ライブです。
いよいよ来週、26日(木)ARTICAにて登場です。

waterbar ARTICA
http://www.waterbar.jp/
住所:東京都渋谷区代々木1-41-3 2F
TEL:03-3320-3217
山手線  代々木駅(西口)徒歩3分
小田急線 南新宿駅 徒歩2分
Googleマップで表示

18:30open
19:30start
ミュージック・チャージ 1,500円

Reebow 木瀬りえ子 / vocal
Ichiloh 松本一郎 / vocal, guitar
Coichiro 窪耕一郎 / percussions
Kotetsu 平井浩二 / guirar

1時間程度のステージを2セットやります。
あの頃の懐かしいナンバーを邦楽、洋楽を取り混ぜてのステージ、ぜひお楽しみください。
[PR]
c0105762_754844.jpg

昨日、本日と2日間はフリーダム・スタジオでレコーディング・スクールのドラムのレコーディングの実習で呼ばれてます。

このドラム・セットはかれこれ20年近く使っています。スタジオに持ち込むとエンジニアさんにいつでも評判が良いんです。

しかし、チューニングに関してはいつも100%納得と言う事は無くていつも試行錯誤です。
何故か12、16インチのタムが特にダメ。今日もスタジオ着いたらチューニングはチャレンジです~。
[PR]
c0105762_11555657.jpg
c0105762_11561611.jpg
一月くらい前になってしまうがある仕事のリハーサルで珍しくヤマハのペダルの古いやつを使ったのです。これはおそらく18歳くらいの頃に手に入れたペダルで今でも人気があるモデルなのですが、シンプルなベルトドライブのペダルなんです。
暫く使っていなかったのですがFLATSを自宅で使い始めた時にまた引っ張り出してきて使ってました。
リハーサルでFLATSを使った時にこのペダルを持っていったのですが、リハーサル一番最後の曲ラストの小節でペダルのスプリングがちぎれました。
20年以上もペダルのスプリングなんて交換してなかったものだから、かなり劣化していたのでしょうね〜。このスプリングはもしかするとGATEWAYで買ったスーパー・スプリングだったかな?あの頃は結構パーツにもこだわっていて、、いろいろやってましたね。
新しいスプリングはヤマハ純正でフックのパーツも一緒に交換。ベアリングも変えたら良かったかな?
しかし、リハ終わる直前の出来事で良かった。
はやり仕事にはスペアのペダルは常時持っていった方が良いのかもと思ってしまうのと、現在メインで使っているペダルもパーツチェック&交換と言うことも必要かも知れないな。
[PR]
c0105762_1524831.gif
How About Now / Kenny Loggins

大好きな、大好きな、シンガー・ソング・ライターの1人でありますKenny LogginsのアルバムHow About Nowです。
久し振りにKennyの傑作が届きました。
サウンド的にはカントリー・ミュージックの色が強く出ている感じでLoggins & Messiaの頃の雰囲気に近いかも知れません。
暖かみが感じられていつまでも飽きずに聴いてられる素晴らしい内容になってます。
どの曲も粒ぞろいでまじでこのアルバムは買いだと思います。
Kenny Logginsと言うとある世代にはサウンドトラックのFootlooseやDanger Zoneなどを思い浮かべてしまうかも知れませんが、ああいったロック色の強い曲も良いですが、バラードやカントリーも良いのです。
曲良し、歌良し、アレンジ良し、見てくれ良し(実際にルックス最高)、3拍子以上揃ってるアーティストもそうそうはいないです。
How About Now、とりにかくここ1月以上本当に良く聴いてます。
[PR]
発表会に参加の皆さま、大変お疲れ様でした。
非常に質の高い発表会になりました。
回を重ねる事に演奏の質が高くなっている事には感心させられてしまいました。
今回もいつもと同様に1日だけ、しかも20分程度のリハーサルだけでの演奏ですから、、、
曲も内容は難しくなっているはずなのに、、、本当に拍手ものです。
また、次回。きっと1年半後に発表会が出来るのではないかと思いますので、次回に向けて練習を重ねて更に良い演奏、楽しい演奏が出来るようになって欲しいです。
そしてまだ発表会未体験の生徒さんにはぜひ次回参加してもらえたら嬉しいです。

本当にお疲れ様でした!感動しました〜〜。
[PR]
by borcaro | 2008-06-09 14:15 | ライブ