カテゴリ:ライブ( 45 )

c0105762_12165667.jpg
大塚WelcomebackでのSweet Hipsのライブが終わった!
今回はいつも以上にグルーブとかライブを迎えるまであれこれ考えてみたり、練習したりと緊張していました。
とても目指しているものの100%には達していませんが、一緒にステージで演奏したKEEBOWさん、三橋さん、そして鈴木匠さんと一体になってプレイ出来た事は非常に良かったと思うし、皆に感謝してます。
書きたい事はまだあるけれど、月曜日まではレッスンとリハと練習と本番の怒濤のスケジュールなので一段落ついたらまたゆっくり書こうかなと思います。
取りあえず、今夜までの限定ライブ・レポートですが、、、間に合えばぜひWelcomebackのサイトへアクセスしてください。
http://www.welcomeback.jp/
[PR]
by borcaro | 2007-09-15 12:16 | ライブ
『垣根を超えて チャンプルーライブ』"きずな"2007前夜祭 と銘打れたメイプル・ハウスでのライブが無事に終了しました。
リハーサルで会場入りしたのが15時頃、その後はライブ前にちらっと買い物に出ただけでライブが終了した23時過ぎまで外へは出れなかったので、嵐になっていた事とは知らずにいました。
小田急も相武台辺りで落雷があってダイヤに大幅な遅れも出ていたようですね。

ライブは我らJD BROTHERSがトップでプレイさせてもらって非常に濃い時間を過させてもらいました。相変わらずIZZYさんは熱いし、黒川さんも炸裂状態で後ろで叩いていてビンビンに感じてました。そして、ベースのkaoruさん!! いやぁ〜〜〜〜〜〜気持ち良かったです。また機会があったらゼヒゼヒゼヒご一緒したいです。
何と、今回は40分のステージで3曲だけの演奏の予定でしたが、ステージ直前にケイコさん(vo)とYukarieさん(Sax)さんが乱入して一曲と言う事態も発生したりと少々ドキドキしつつ楽しく叩かせて頂きました。
しかーーーし、相変わらず反省点は数多く....今後に向けてまたコツコツと練習に励みたいと思います。

この日は本当に素晴らしいセットばかりでレッド・チリ・ビーンズ、Vivaショーワ...、高橋マコトさん(もんた&ブラザーズ)と新井武士(ダウン・タウン・ブギウギ・バンド)のデュオのBlues Boys 108、そして名古屋からのピンク・フラミンゴと見どころ満載でした。
出番が終わってから客席で最後まで楽しませて頂きました。

実は、実は。。。これは8月10日の前夜祭と言うことで10日は更にパワーアップした本番のイベントとなります。
場所は逗子海岸のビーチ! 詳細はまたアップしますのでお時間あったら是非ともいらしてくださいね。
[PR]
by borcaro | 2007-07-30 18:25 | ライブ
正に明日、29日、日曜日の事ですが...

クボ参加させてもらっているJD BROTHERSがライブです。
バンドはIZZYさん(guitar)、黒川光哉(guitar)のお二人が核になってるバンドで大人の骨太ロックと言う事でございます。

この日はジョイントですが、、、
参加されるメンツが凄いです。
元もんた&ブラザーズの高橋まことさん達やスリルのYukarieさん、タンゴヨーロッパのKaoruさんやピンク・フラミンゴ....etcと豪華絢爛ショーでございます。

クロさんのサイトからちょっとコピペ。

7月29日(日)
東横線
学芸大学
MapleHouse
『垣根を超えて
チャンプルーライブ』
"きずな"2007
前夜祭
18時開場
18時30分START
http://www.maplehouse.jp/atama/atama.html

03-5721-0970
\3000
Bluse Boys108
☆新井 武士 gt/vo
☆高橋 マコト gt/vo
大人?が好きな曲を唄い、弾く、音ナ

RED CHILI BEANS& The Black Sweet Beans
エロ可愛い
FUNKY 歌劇団らしい赤豆1号2号3号と
黒豆バンドのふぁんきぃ・みゅうじっく
いしだ けいこ vo
HIROKO vo
SHIKIBU vo
くろかわ みつや
進藤 克己 key
小川 岳史 perc
カヲル bass
田中 龍二 tp
パピイ sax
端山 龍麿 gt/vo

Viva Showa Umare
ラテン・ミュージックって
こんな事しちゃってもいいんだ
gloria keiko
進藤 克己 key
小川 岳史 perc
KAORU bass
YUKARIE sax
さたけ dr
JOSE"E"SOLRAC

PINK FLAMINGO
from 名古屋
面白い、が、ちょっと切ないBEAUTIFULLなLADY達が唄い、踊り、わらわせます

J・D・Brothers Band
窪 耕一朗 dr
山口 伊津己 gt
kaoru bass
くろかわ みつや gt
ろっくだぞぉ

& many guests/阿部 九一 gt/稗島寿太郎 bass vo ar/JUN from T・E /他
セッション予定


となっております。
もしもいらっしゃれる方いらしたらご一報下さいませ〜。
[PR]
by borcaro | 2007-07-28 12:26 | ライブ
先日、仲間と丸の内にあるCotton ClubへギタリストのDavid T. Walkerを観に行ってきました。
David T. Walkerは古くはMarvin Gayのアルバムにも参加しているし、数々の名演のあるギタリストです。
日本ではDream Comes Trueの吉田美和さんのソロアルバム、ツアー、そしてツアーのライブ映像でもDavid T. Walkerのプレイが聴く・観る事が出来るのでご存知な若い方も多いかも知れません。
今回の日本公演はCotton Clubを中心にブルーノート系で行われました。
我々は東京の初日に行ってきた訳ですが...
素晴らし過ぎる演奏だったです。。
バンドは
David T. Walker(g), Clarence McDonald(key), Byron Miller(b), Leon Ndugu Chancler(ds)と言う布陣でしたが、久し振りにLeon Ndugu Chancler(前回観たのはオーレックス・ジャズ・フェスティバルだから20年以上前?)を生で観ました。しかも間近で。
僕の中では印象が思いっきり変っちゃってたなぁ。相変わらず壁の様に垂直に立てられた大きめのサイズのライド・シンバルとクラッシュ・シンバルはそのままだったけれど、タイトで気持ちの良いグルーブでバンドをドライブさせてましたね。実にエモーショナルな感じが印象的でバンドをのせるのが上手いなって思ったなー。彼のプレイを観て得る物は多かったであります。

話はDavid T. Walkerに戻しますが、ひとつのギターで終始演奏してて、ステージにはサブのギターも見えなかったし一本のギターだけで全てをやってましたが、そのギターもおそらくはエフェクター類は何も使っていないか、本当にシンプルなシステムでアンプを鳴らして居るだけだとは聴いてて解るんだけれど、フィンガリング、ピッキングだけであれだけギターって表現力があるんだって驚愕ものでしたね。ダイナミクスも凄くてギターのヴォリュームつまみは良く動かしていたけれど、ピアニッシモからフォルテッシモまでをピッキングで自在にコントロールして曲を表現しているあたりは素晴らしかった。

まじで凄く感動的でエキサイティングなライブだったです。
やっぱり音楽って凄いよ。
[PR]
by borcaro | 2007-05-12 12:01 | ライブ
c0105762_11344585.jpg

StingSteely Danのツアーやレコーディグに参加しているKeith Karlock君からメール・ニュースが来てSteely Danのサマーツアーに参加すると書いてあったのね。
ツアースケジュールみたらアメリカ、ヨーロッパと続きジャパーンにも来ると書いてあるじゃない!
8月半ばから9月にかけて東京〜大阪〜福岡とツアーするんだそーだ。
会場は今年これからオープンするBillboard Liveつーところみたい。
久し振りにSteely Danも生で観てみたいし、Keith君のタイコも聴いてみたいじゃないっ!!
[PR]
by borcaro | 2007-04-06 11:35 | ライブ