Another Side of Nebula featuring Jun Aoyama

昨夜は調布市仙川にあるKick Back CafeAnother Side of Nebula featuring Jun Aoyama を観に行ってきました。
いつもならば伊藤広規 さんと松下誠さんがやってるアンビエント系のユニットなのですが、昨夜は松下さんが不参加でその代わりに伊藤広規 さんの盟友である青山純さんがゲストで参加という美味しいセットでございました。
青山純+伊藤広規 なんていたら最強のコンビネーションで、僕は彼らのリズムを聴いて育ってきたといっても過言ではないくらい影響を与えてくれた人達です。前回2人が揃って演奏しているのを観たのは山下達郎さんのツアーでしたが、そのツアーだって20年くらい前の話、、、随分と観てなかったな。
仙川の駅で山本雄一氏と待ち合わせて早目にお店に入れたのがメチャ☆ラッキーだった様でまんまと最前列の伊藤広規さんのそばの席をゲット。テーブルの直ぐ隣が広規さんのシンセサイザーと言う感じで、僕の座っている横に広規さんのジャズべーが置いてある感じ。純さんのドラムセットだって3メーター以内と言う至近距離だったし、超☆特等席であったのだ。
これも仙川の駅で待って居て頂いた山本雄一氏のおかげでした。(ホント、ありがと)1人だったらきっと道に迷ってタイムロスをして良い席にありつけなかったはずですから!
曲の内容はアンビエント系と言う事ですが、、結構インプロヴァイズもので、、途中めちゃエキサイティングな場面もありかなり楽しめたのですが、やっぱりビートの強いものになった途端にリズムはソリッドになり圧巻される。本当に凄い、凄い、、広規さんのベースもすごくいい音していたしリズムも強力、凄過ぎる。純さんのドラムもスネア一発、キック一発、気合いの乗った、そんな感じのプレイでした。
それにしてもですね、、久し振りに動く?青山純さんを観ましたが、、あんなグリップで、、あんなショットで、、あんな凄い音が、、とか、、やはり百聞は一見にしかずですね。
それにしてもですが。青山純さんのドラミングは大好きで憧れはあるのですが、どう転んでも、逆立ちしても、一生あんなドラム叩けそうもないです。
ライブがトリガーになってるのかどうかわからないのですが、夢に猪俣猛師匠が出てきました。生徒のオヤジギャグに2人で大爆笑をするという変な夢でした、、、何かを暗示してるんでしょうか??(ないない

c0105762_1243763.jpg
この日の青山さんの仕様の楽器はもちろんSONOR。しかもクリアシェル。いい音してました。スネアはブロンズでしょうか?
最近のSONORの事は全く情報も仕入れていなかったのですが、随分とハードウェアも変わってきてるようでビックリでした。シンバルスタンドの安定感とか凄そうだね、本当に。(でも、重そうだーー)

c0105762_1245118.jpg
夕飯を雄一氏と一緒にKick Back Cafeの人気メニューと言う豆乳ラーメンを食しました。なかなか美味かったです。ぜひ皆さんもお出掛けの際はお試しを。
[PR]
by borcaro | 2008-10-03 12:06 | ライブ