ライブの前に交換すべきでしたが..

28日、宇都宮でのDaimyo復活セッションはなかなか盛り上がりました。
Daimyoに縁のあるミュージシャン達が集まりDaimyoの復活を祝いました。
とにもかくにもDaimyoが嬉しそうで何より。こっちもすごく嬉しかった。
宇都宮ではスガナミで長い間通っていた文ちゃんが駆けつけてくれて、ライブ終了後の打ち上げにまで連れ回して深夜まで一緒に飲んでくれました。再会は楽し、嬉し。

その日は宇都宮で一泊して翌朝直ぐに家路を急ぎ、一旦自宅に戻ってTroupesのライブの為の準備をして赤坂へ。
宇都宮ではdwのブラスを使ったけれど、TroupesではYAMAHAのメイプルを。
でもこれは判断ミスだったな、、。楽器は鳴らないは気分良くと言う感じではなかったです。バンドは比較的大音量、爆音的?ではあるのでdwの方を使うべきだったです。そう思うと、かつてのシェルが変わる前のメイプルは相当に鳴っていたんだと実感しました。

c0105762_1141564.jpgなので今日は早速、メイプルをヘッドとスナッピーを交換。
スナッピー外してみてビックリ!なんとスナッピー・コード、、切れ掛かっていた。。本番中に切れなくて良かった。しかもコードは両側ともに解れて来ていたのでヤバかったですね。
ヘッドは当然普通のレモ(YAMAHA=REMO)でボトムも一緒。スナッピーはまだへたっていなかったけれど買い置きしておいたカノウプスのスナッピーに交換。
スナッピー変わればかなり音の印象が変わるものだね。
今までのSteve Gaddモデルでは食いつきは良いがダークな感じだったけれど、カノウプスのは渇いた枯れた感じの印象でした。まだ張り替えただけと言う感じなのでインプレッションはまた後日に。
早くバンドで使ってみたいものです。
[PR]