猪俣猛モデル ドラムスティック

c0105762_12392940.jpg
スティックは相変わらずVic Firth American Classic 5Aを使い続けているのですが、猪俣先生モデルを使う場面も多くなってきました。
先生のスティックは5Aと比べると少し短めで細目になってるのとバランスが軽いので僕の手の大きさ的には本当はジャスト・フィットなんです。別に5Aが合っていないとかと言う意味じゃなくてですが、、、
最近、デリケートな音量の現場も多いし、Hip Gigでプレイする時にも小さい音で歌伴をする時には先生のモデルだと非常に使い勝手が良いんです。
それに、改めて綺麗な音がするスティックだと再確認してしまったので、スティックバッグの中には5A+猪俣モデルを常に一緒に入れて持ち歩いてます。
まだ、試した事がない方を含めてジャズをプレイされる方にはぜひ一度試して欲しいモデルです。
[PR]